<< 「本の交換会」のカテゴリーを試作してみます | main | 携帯からの投稿できます >>

スポンサーサイト

  • 2009.01.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「本の交換会」カテゴリー、問題点発覚

現行掲示板の

本の交換会(4月22日) No: 178 [返信][削除]
投稿者:十四期生 岡崎 03/05/03 Sat 01:22:22

に準じて、本の交換会1回分を当ブログの[記事の投稿]の[レビューを書く]を使って作ったのですが、思ったより、ブログ紙面を占めることがわかりました。

問題点: 
[レビュー投稿]機能追加による紙面大規模占有

対応案:
A案  本番掲示板での記事のUPは「本の交換会」の記録、もしくは告知のみにする。

B案  本番掲示板での記事のUPは「本の交換会」の記録もしくは告知のみにし、それと   は別の「本の交換会」の記録記事UP場所をみつけ、そこをamazonなどと連結させた   レビュー投稿機能を設置する。

C案 その他  

ご意見、どしどしコメント下さい。追加案があればどしどしこの記事に追加してゆくか、新しい記事を投稿して修正し、改善してゆきたいと思います。


スポンサーサイト

  • 2009.01.01 Thursday
  • -
  • 11:42
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
小林さんご連絡が遅れて申し訳ない!!!
私は「A案」が現実的かな、と思っています。
と言いますのは、本交換会の歴史の中では、「絶版」本が
紹介されたケースも幾つかあるためです(「スヌーピー」など)。
絶版本については写真を掲載したりリンクを貼ったりすることが出来ませんので、
今後の運用を考えれば無理のないA案が良いかな、と思います。

  • 2007/11/22 9:18 PM
>絶版本については写真を掲載したりリンクを貼ったりすることが出来ませんので、
今後の運用を考えれば無理のないA案が良いかな、と思います。

→コメントありがとうございます。著作権の本を読んだことがあるのですが、絶版本については写真を掲載したりリンクを貼ったりすることが出来ないことを知りませんでした。これは本の「交換会専用サイト」の導入を検討する際の重大な留意事項だと思います。

ゼミで紹介された本をサイトの閲覧者がその詳細をamazon等で調べたり、すぐに購入したりできれば、(例えば1冊の本について掲示板で話し合うなどの)陰の秘密プロジェクト「板ゼミ」の実現化と活性化に大きく貢献できると思ったのですが、絶版版本の管理の問題があるとは知りませんでした。

ところでで、↑のコメントは太田さん(3期生)ですよね?
  • 小林荘介(15期)
  • 2007/11/23 1:10 PM
すみません。
どうも不慣れで名前を打ち忘れてしまいました。
ご推察のとおり太田です。よくこれだけの情報で分かりましたね。
私のご説明が足りなかったのですが、著作権上の問題ではございませんで(そうした問題も実はあるのかも知れないのですが)、それ以前の問題としてAmazonやYahoo!Booksで見つからないものがあるのです。
本の交換会で紹介された本には、残念ながら中古本でも既に入手不可能なものもあるようです。
ちなみに講談社学術文庫版の『現代の学としての経営学』はAmazonの最高値で¥12,600!!!でした。こんなのも現実的には「入手不可能」として扱っていいように思えます。
  • 太田(3期生)
  • 2007/11/23 7:15 PM
同じく返事が遅くなりまして申し訳ございません。
私も「A案」がいいと考えます。
荘介さんが書かれていたカウントの大幅アップもAmazonとのリンクがあったためかと思われます。
基本的に閲覧者をMゼミ内のみに想定するならば、「A案」がベストなのではないでしょうか。

ちなみに私も名無しさんは太田さんだとすぐにわかりました。
なぜならば、
・過去の交換会に出された本を把握している人。
・出された本のなかで絶版本か否かを把握している人。
・そのなかでも思わず『スヌーピー』をあげてしまうセンス。
となると、かなり限られます。
というか、こんなこと考えなくても文体でわかってしまうのですが・・・。
  • 佐々木(16期)
  • 2007/11/23 10:27 PM
うぅむ。
私の文体はどうも分かりやすいようですね。
ところで、私が「名無し」となってしまった理由が分かりました。このコメント入力欄は、入力後に表示される「入力内容の確認」画面で「戻る」をクリックすればコメント内容を修正できるのですが、なんとそのときには「name」が空欄になってしまうのです。
こいつはまいった。気をつけましょう。
  • 太田(3期生)
  • 2007/11/24 9:30 PM
太田さんへ

>推察のとおり太田です。よくこれだけの情報で分かりましたね。


・現在のところ投稿して下さる方が大体限られていること、
・それと文の調子から太田さんの音声が聞こえてきました。<爆>

>それ以前の問題としてAmazonやYahoo!Booksで見つからないものがあるのです。
本の交換会で紹介された本には、残念ながら中古本でも既に入手不可能なものもあるようです。

実はそれが手に入るのです!!ふふふ。

>ちなみに講談社学術文庫版の『現代の学としての経営学』はAmazonの最高値¥12,600!!!でした。こんなのも現実的には「入手不可能」として扱っていいように思えます。

→ちなみに私はその本を2冊持っています。値段は内緒・・・。みなさん、たくさんゼミー用意して待っていてね。うふふ。


佐々木君へ

>私も「A案」がいいと考えます。
荘介さんが書かれていたカウントの大幅アップもAmazonとのリンクがあったためかと思われます。

リンクを貼ったその次の日のアクセス数が確か90半ばだったことを考えると、佐々木君の推察通りだと思います。

→たとえアマゾン等へリンクを貼らず「掲示板機能」だけのサイトを作っても、記事の連続投稿すると同じような事態が起こると思います。そうなるとやはり管理者を増やすなどのセキュリティー対策が必要になってくると思います。

>基本的に閲覧者をMゼミ内のみに想定するならば、「A案」がベストなのではないでしょうか。

もちろん基本的に閲覧者をMゼミ関係者を想定してサイトを構築するつもりですが、組織が膠着化しないように、新技術をよく取り入れる雰囲気を新サイト(掲示板)には流し込みたいと思っています。しかしテキスト(文字情報)のやり取り重視になるであろう「本番掲示板」では、画像情報が多くなりすぎると、文字でのやり取りがやりにくい雰囲気になると思います。
  • 小林荘介(15期)
  • 2007/11/25 1:34 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
カウンター 無料カウンター 無料カウンター 無料カウンター ティッカー 天気予報
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM