スポンサーサイト

  • 2009.01.01 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


活動報告

掲示板やブログに新しい記事がなくても毎日閲覧者が来てもらえるように天気予報が見れるいくつかのブログパーツの設置を試みましたが、どれも一長一短で決まりませんでした。
小林荘介(15期生)

カウントダウンティッカー設置しました

 サイドスペースにカウントダウンティッカー設置しました。

チャット、動画、本屋に関する機能


A:「チャット機能・雑談掲示板」
閲覧者同士がその場で話し合えるチャット機能や記事にまでする必要性は感じないけれど簡単な連絡事項や相談ができる掲示板が、できればHP内、ブログ内で欲しいです。

B:「動画サイト・インターネットラジオサイトとのリンク」
「YouTube」や動画ニュースサイト、インターネットラジオ、とHP・ブログをリンクさせて、
可能なら、HP内、ブログ内で動画や音声が流れるかたちのものが欲しいです。

C:「本屋へ直行データーベース」
CHOBIの簡易掲示板の大田さんの発言にもありましたが、
本の交換会やおすすめ本のデータ集を作って、各本のタイトルをクリックすると、本屋さんのサイトに行けて、すぐに本が買えるシステムをぜひ作りたいです。
この点において、JUGEMブログはなかなか優れていると思います。
でも、他にもいいコミュニケーション媒体があったと思うので少し探してみます。
みなさんもいいコミュニケーション媒体がありましたら教えてください。

まとめ:

いま少し思いついた欲しい機能をまとめると

A:「チャット機能・雑談掲示板」
B:「動画サイト・インターネットラジオサイトとのリンク」
C:「本屋へ直行データーベース」

の機能です。


小林荘介(15期)

親管理者権限の共有化について

ブログ操作習得の向上と、運営作業の効率化のため、 親管理者権限があるIDを複数で共有し、私以外の方でも子管理者権限のIDでは変更許可が与えられていないブログ機能の変更(テンプレートの変更や記事・コメントの削除、子管理者の任命など)ができるようにしたいのですが、みなさまはどのようにお考えでしょうか。ご意見をお聞かせください。 
15期 小林荘介


ゼミHPの参考のお知らせ

<佐々木(16期生)>

すっかりブログにご無沙汰をしてしまいました。
いくつかのテーマが議論されていたにも関わらず、申し訳ございません。

さて、今回は先生から教えていただいた児島ゼミのHPを紹介したいと思います。

http://www.kojima-seminar.net/

児島ゼミというのは、先生が名古屋の時代に教えられた方のゼミだそうです。
この児島ゼミのHPは本当に凄いです。
ゼミのHPでこれほどのものはちょっとないんじゃないでしょうかね。
レイアウトはどうするか、どんなカテゴリーを設けるか、コンテンツはどういったものを提供するのか、等々、我々がHPを作るときにも必ず参考になります!
ぜひ、皆さんもご覧になって下さい。

※:ブログ形式では、「誰の」記事なのかがパッと見で非常にわかりにくいなあ、と思いました。何か良い工夫はないでしょうかね??

ゼミかるた作成用 掲示板のご案内

8期生の中島大輔です。

ゼミの新年会に欠かせないのが「ゼミ歌留多」
五周年記念『創』、『創』第十八号には数々のゼミに関する歌が登場します。

二十周年合宿で「ゼミ歌留多」をやろう!自分の歌を作ろう!
という先生からのご提案に、今から興奮しているのはきっと私だけではないと思います。
それぞれの歌を詠むだけでも面白いのですが、
もし、自分の歌があったら、きっとゼミかるたはもっと愉しくなるハズ!
自分の歌がない!とお嘆きの方もきっといらっしゃることと存じます。

ってなわけで、掲示板を作りました。(急な思いつきで相談できずごめんなさい)
より分類して書き込めるようにと、ツリー型の掲示板を採用しております。
ゼミの掲示板(板ゼミ)の様式と異なるので、ちこっと書き込みづらいとは思います。
改善できる点は改善していって、長所短所を見極めて次へとつなげたいですね。

   ゼミかるた用掲示板URL
       http://bbs2.sekkaku.net/bbs/manjyu.html

冒頭にある入力フォームは、いわゆるテーマ作成のフォームでして、
自分の歌を記入する際には、下のツリーの一つを選択してそこへ返信する形で投稿ください。

話題「当ブログでの議論の滞りについて」

問題 当ブログでの議論の滞り

考えられる原因 
ヽ謄廛蹈献Дトメンバーの「ブログ操作」の未習得
各プロジェクトメンバーの多忙と過労

,砲弔い董Д屮蹈袷犧遒未修得のため、記事投稿、コメント投稿ができないことがことが考えられます。
△砲弔い董Д廛蹈献Дトメンバーの大半は社会人であり、仕事が大変なので、ブログを読む、ブログを操作する、ブログ操作を覚える、掲示板候補を探すなどの余力がなく、当ブログでの議論への参加が出来ない状況にあることが考えられます。

対応策(候補)
,砲弔い董С銅ブログ操作を覚え頂くようにメール・ブロウ上等でお願いする。ブログ上で「ブログ操作」を覚えられるような記事を書く。困ったときは、当ブログや各プロジェクトメンバーや友人・知人に相談できる体制を作る。など。
△砲弔い董多忙や過労の方でも取り組みやすいかたちの体制を作る。現役生の力を借りる。など。

考えられる原因や対策案について、おおまかに述べてみましたが、みなさんはどのようにお考えでしょうか。この点についてみなさんのご意見を広くお聞きし、他の原因・対応案を考えて行きたいと思いますので、「記事の投稿」「コメントの投稿」をお待ちいたしております。

「本の交換会」カテゴリー、問題点発覚

現行掲示板の

本の交換会(4月22日) No: 178 [返信][削除]
投稿者:十四期生 岡崎 03/05/03 Sat 01:22:22

に準じて、本の交換会1回分を当ブログの[記事の投稿]の[レビューを書く]を使って作ったのですが、思ったより、ブログ紙面を占めることがわかりました。

問題点: 
[レビュー投稿]機能追加による紙面大規模占有

対応案:
A案  本番掲示板での記事のUPは「本の交換会」の記録、もしくは告知のみにする。

B案  本番掲示板での記事のUPは「本の交換会」の記録もしくは告知のみにし、それと   は別の「本の交換会」の記録記事UP場所をみつけ、そこをamazonなどと連結させた   レビュー投稿機能を設置する。

C案 その他  

ご意見、どしどしコメント下さい。追加案があればどしどしこの記事に追加してゆくか、新しい記事を投稿して修正し、改善してゆきたいと思います。


「本の交換会」のカテゴリーを試作してみます

現Mゼミ掲示板の07/11/01 の記事に

前回のゼミで浩友会、掲示板プロジェクトの報告をさせて頂いたのですが、ゼミの最後の
刮目の時に、本の交換会幹事のM巻が、掲示板プロジェクトのことに触れ、これまでの本
の交換会で掲示板に紹介された本をぜひまとめてみたい、と自ら進んで申し出てくれました。

という書き込みがあり、「掲示板プロジェクト」推進側としては、この申し出に是非応えたいと思っております。

つきましては、本の交換会記録係創設者(自称)の私としては、試作的に当ブログでまずはアンチョコ版をアップしてみたいと思います。

皆様のご意見、お待ちしております。

掲示板の候補

荘介さん、カテゴリーの作成、どうもありがとうございます。

さて、掲示板の候補について、ここではブログという手段を検討しておりますが、
太田さん(3期)がものすごい数の掲示板を比較して一覧表を作成してくれました。
こちらも併せて皆で検討してみるのがいいと思います。

書きやすさ、見やすさ、維持のコスト(管理者のエネルギーも含めて)などを
総合的に考えて、いったいどれがいいのでしょうかね。
まずは、荘介さんにも太田さんからいただいた一覧表をお送りしますので、
ぜひご覧下さい。

calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カウンター 無料カウンター 無料カウンター 無料カウンター ティッカー 天気予報
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM